LGBTの結婚式に招待された時のマナー

アメリカであれ日本であれLGBTの方の結婚式に招待された場合、ふと漏らした一言がカップルを傷つけてしまうことがあるので注意しなければならないことがあります。
まず、どちらが花嫁で、どちらが花婿なのかは聞いてはいけません。
同性同士の結婚は二人の花嫁か二人の花婿がいるのが常識です。
また、なかには男性同士のカップルでも、自分たち二人は花嫁だと考えていることもあります。
そのため、花嫁や花婿という言葉を安易に使うのは避けるようにします。
また、両親や兄弟の参加についてもナーバスな問題です。
仮に出席していないケースでは、親族にカミングアウトしていなかったり、列席を頼んだけど許しを得られなかったこともあるのでカップルの気持ちを考えて慎むようにします。
加えて、子どものことについてもタブーです。
アメリカではLGBTの結婚でも養子縁組などで育てているカップルも多いですし、女性同士であればどちらかが人工授精で授かるケースもあります。
しかし、現行の日本の法制度では不可能であり、二人に対する思いやりを持って参加することが大事です。

ロサンゼルス 留学

ネットを使って結婚相手を探せます

どうしても結婚相手を探したいと考えているものの、相談所などを利用する時間がないという人がもしもいましたら、インターネットを活用することを強くお勧めします。
最近はインターネットのサービスで、登録をすると理想のパートナーを簡単に探せるものがあります。
相手のプロフィールや写真を、スマートフォンやパソコンでじっくりと眺めることが出来ますし、また料金も非常にリーズナブルになっていますので、あまりお金がないという人であっても気軽に利用することが可能です。
そして人気が高まっている、SNSを使うという方法もあります。
SNSに登録をするといろいろな人たちとコミュニケーションを取ることが出来、どんどん知り合いが増えますので、結婚相手が見つかる可能性が非常に高いです。
実際にSNSを活用して、理想的な相手を見つけることができたという人が、世の中に信じられないぐらいたくさん存在しています。
是非ともネットを活用して結婚を実現していただきたいです。

最新投稿

  • 娘を持つ父親が頭に入れておきたいこと

    娘の結婚相手には、生活力があって身体が丈夫で優しい人がいいと親なら望むでしょう。
    しかし、全て …

    続きを読む...

  • 結婚式は費用より中身を充実にしましょう

    結婚式を挙げるのであれば、心に残る挙式にしたいものでしょう。
    とはいえ、費用をかければいいとい …

    続きを読む...

  • たくさんの方に結婚をオススメしたい

    全くの他人同士が出会い、恋をして結婚することはとても素晴らしいことで、奇跡でもあります。
    結婚 …

    続きを読む...

  • 結婚式場を探すならインターネット

    結婚式場を見つけるのであれば、インターネットが便利です。
    しかも格安で良い式場を探しているので …

    続きを読む...

お知らせ

一覧